岩石園


博物館の前庭に、村内の河川から集めた175点の大標本を、集めました。


できるだけ、じっさいの地質配列にあわせて配置しています。それぞれの標本も、大鹿地域の地質の向き(走向・傾斜)に合うように置いています。

断層鞍部


岩石園中央の白線は、遠くの尾根の、ほんものの中央構造線の断層鞍部を示すように引いてあります。北の堀田城の断層鞍部と、南の城ノ腰の断層鞍部が見えます。


中尾堀田城の断層鞍部


下青木城ノ腰の断層鞍部

博物館わきの村営水道の井戸掘りのボーリングが、20m下で三波川変成帯の岩石に到達しました。そこで、中央構造線は博物館より西側の民俗資料館『ろくべん館』との間をとおっていると推定しています。上の2枚の画像は、じっさいの中央構造線の推定位置から撮影しています。

内帯

領家変成帯

領家変成岩類・花崗岩類


泥質片麻岩


花崗岩


「変輝緑岩」

安康南沢苦鉄質岩体


輝石角閃石斑れい岩

断層岩類


ポーフィロクラスティック・マイロナイト

外帯

三波川変成帯

三波川変成岩


緑色片岩


黒色片岩

みかぶ緑色岩体


緑色岩


かんらん岩


蛇紋岩

戸台構造帯(戸台層)

秩父帯


緑色岩(枕状溶岩)、重量24トンの最大標本


石灰岩


チャート

四万十帯


赤色チャート


砂岩


泥岩

岩石の説明は、館内のA岩石標本をごらんください。

⇒GPS基準点へ進む