中央構造線マップ(グーグルマップ)
 左フレームの目次をクリック。
 グーグルマップは家一軒を識別できるぐらい拡大できますが,中央構造線の位置は,露頭で見える場合を除きそれだけの精度はありません。おおまかな位置を示しています。
 領家変成帯の岩石と三波川変成帯の岩石の地質境界(物質境界)としての中央構造線は,(独)産業技術総合研究所地質調査総合センターのオンライン20万分の1シームレス地質図の情報をもとにして,一部地域は自分自身や共同研究者による調査により細部を修正しています。
 活断層としての中央構造線は,旧通産省地質調査所発行の中央構造線活断層系(四国地域)ストリップマップ(1993)と中央構造線活断層系(近畿地域)ストリップマップ(1994)に掲載のものだけ記しています。

グーグルマップに線を表示する方法は, ドライブイン信州 の大久保さんに教えていただきました。ありがとうございました

産総研オンライン地質図
産総研ホームページのオンライン地質図。グーグルマップに20万分の1シームレス地質図が重ねられています。ポインタでウィンドゥに地質解説がでます。これは便利!.


中央構造線ってなに?


中央構造線大鹿村北川露頭
領家変成帯の岩石(左)と三波川変成帯の岩石(右)が接しています。

中央構造線に沿って、まっすぐに谷が掘り込まれています。
⇒人工衛星画像(3.24MB)


地上700km上空から写した人工衛星画像には、西南日本を縦断する、まっすぐな谷が写っています。

延長1000kmにおよぶ、日本列島最長の谷です。

この谷は、大断層「中央構造線」の破砕帯を、川が侵食してできたものです。


⇒拡大


中央構造線はどこを通っている?

中央構造線は、いろいろな時代に、異なる動きをくりかえしてきました。そのたびに、ずれ動く向きや速さが変わりました。それぞれの時代の断層が、いまの地表に見えている位置も、数キロメートルていど、離れていることがあります。

ここでは、基本的な姿である 「地質境界としての中央構造線」 の位置を示します。

九州の中央構造線


大分県の国東(くにさき)半島と佐賀関(さがのせき)半島の間を通ることは確かです。

大分市南方の大野川流域では、中生代末期の堆積岩に覆われていて、地質のつながりが分からなくなっています。

九州中央部では、阿蘇山の下にかくれています。

熊本南方や天草の古い岩石が、中央構造線のどちら側に属するものなのか、見方が分かれています。長崎の野母半島や彼杵半島の古い岩石の素性も分かっていません。

大野川付近で南へ回り込み、臼杵(うすき)と熊本県八代(やつしろ)を結ぶ「臼杵−八代構造線」につながるという考えと、そのまま「大分−熊本構造線」につながるという考えがあります。

四国・紀伊半島の中央構造線


豊予海峡では、佐賀関半島と佐田岬半島の北岸の沖合いを通っています。伊予市上灘で上陸し、砥部(とべ)町から西条(さいじょう)市の丹原(たんばら)へ続きます。ただし、活断層としての中央構造線は、北寄りの伊予市から松山市南部に見られます。

石鎚(いしづち)山地のふもとを新居浜(にいはま)から川之江(かわのえ)へ続き、阿波池田(あわいけだ)から吉野川の少し北側を徳島市と鳴門の間へ続きます。四国東部でも、活断層は、もっと北寄りの阿讃山地の南麓に見られます。

四国と紀伊半島の間では、淡路島南岸と沼島(ぬしま)の間を通っています。

紀伊半島では、紀ノ川や紀ノ川上流の吉野川の少し北側を、和歌山市〜奈良県の五条〜東吉野〜三重県境の高見峠へ続きます。活断層は、紀ノ川沿いでは、やや北方の和泉山地の南麓に見られます。

三重県では、高見峠から櫛田(くしだ)川の少し北側を、松阪市月出(つきで)から粥見(かゆみ)へ続きます。粥見で櫛田川は、中央構造線を南から北へ横断します。 粥見から東へは、勢和村から伊勢市へ続き、二見浦の北方で伊勢湾に入ります。

吉野から東では、中央構造線沿いの活断層の活動度は低くなります。活断層帯は北へ向きを変え、金剛山の東のふもとを通り、生駒山地の東側の断層帯へつながっていきます。

伊勢湾・赤石山脈の中央構造線


渥美(あつみ)半島では、伊良湖(いらご)岬と立馬(たつま)崎の間を通り、渥美半島北岸すぐ沖合いの三河湾を通っています。豊橋から豊川(とよがわ)ぞいに、新城市〜鳳来町へ続きます。

鳳来町大野からは宇連(うれ)川沿いの湯谷(ゆや)温泉は通らず、阿寺七滝南方の小さな谷に沿って、佐久間(さくま)町川上へ出ます。そこから相川と大千瀬川に沿って中部天竜。中部天竜と佐久間の間だけ天竜川が中央構造線沿いを流れています。中央構造線は佐久間から北条(ほうじ)峠を通って水窪(みさくぼ)へ続きます。

中央構造線は、このあたりで東西方向から南北方向へ向きを変え、天竜河口から天竜二俣を通って北上する赤石構造線と一体になります。天竜川は、静岡県龍山(たつやま)村から下流では、赤石構造線ぞいに流れています。

佐久間から上流では伊那(いな)盆地を流れています。これは、現在の山脈を隆起させたり盆地を沈降させたりしている地殻変動で、伊那谷の方が低くなっていくためです。天竜川は伊那盆地の西の縁を流れています。

中央構造線は、静岡県水窪から青崩(あおくずれ)峠を越えて長野県に入り、伊那山地と赤石山脈の間を、遠山〜大鹿〜長谷(はせ)村へ北上し、高遠(たかとお)町の東方から杖突(つえつき)峠を通り、茅野(ちの)市の諏訪大社前宮付近へ続きます。この区間では、天竜川の支流が中央構造線の破砕帯を掘り込んでいます。

諏訪湖〜関東の中央構造線


中央構造線と糸魚川(いといがわ)−静岡構造線が、諏訪(すわ)湖で交差 しています。

糸魚川−静岡構造線沿いに生じた、いま活動中の断層が諏訪湖をつくっています。中央構造線は、いまの諏訪湖をつくっている断層で、岡谷市まで、12キロメートルずらされています。

糸魚川−静岡構造線の東側では、中央構造線は岡谷の横河川沿いを北上しています。

その先では、中央構造線は「フォッサマグナ地域」の地層の下に埋まって見えなくなりますが、東へ向きを変えて関東山地北部へ続いています。

関東山地は今、急速に隆起し、中生代の岩盤があらわれています。群馬県下仁田(しもにた)に中央構造線が顔を出しています。その先は、比企(ひき)丘陵の北のへりを通り、関東平野の下に続きます。

関東平野の中央部では、地下3000メートルに、平野の底になっている中生代の岩盤があります。地下3500メートルまでたっしたボーリングにより、埼玉県さいたま市岩槻(いわつき)の南方を中央構造線が通っていることが確かめられました。茨城県では、鹿島か大洗のどちらかの地下へ延びていると考えられています。

鹿島灘の下では、中央構造線は棚倉(たなくら)構造線に切られているとされます。しかし、中央構造線ができ始めたころは、棚倉構造線とつながっていたと考えられています。


日本列島の骨組みを組み替えた大断層


⇒拡大

棚倉(たなくら)構造線…東北日本と西南日本の境界

古生代〜中生代〜古第三紀の古い岩石を、日本列島の骨組み(基盤)とみなします。

山形県酒田〜福島県棚倉〜茨城県水戸北方を通る「棚倉構造線」を境に、日本列島の 基盤岩の並び方は、大きく食いちがっています。そこで、棚倉構造線を境に、東北日本と西南日本に分けられています。

東北日本では、同じ時代に同じでき方をした骨組み部分(地質帯)が南北方向の帯状に分布しています。西南日本では東西方向の帯状に分布しています。
⇒棚倉構造線旅行記

中央構造線…西南日本の内帯と外帯の境界

西南日本では、同じ骨組みが関東から沖縄まで、続いています。
⇒西南日本の骨組み

西南日本の骨組みは、まだ日本列島の「もと」がアジア大陸の一部だったときに、 中央構造線により大きく組み替えられました。中央構造線を境に、現在の日本海側を「西南日本内帯」、太平洋側を「西南日本外帯」といいます。


フォッサマグナ地域西縁の糸魚川−静岡構造線

日本海の拡大とフォッサマグナ地域の沈降


日本列島の骨組みは、アジア大陸でできました。

日本列島の「もと」は、新第三紀の2000万年〜1200万年前ごろに、アジア大陸から離れ、太平洋へ向かって移動しました。西部は時計まわりに回転、東部は反時計まわりに回転し、大陸との間が開いて日本海が拡大しました。

そのとき、折れ目になった部分が引っ張られて落ち込み、海底の地層が厚く堆積しました。 西南日本の骨組みが大きく落ち込んで、新第三紀の海の地層に厚くおおわれた地域を「フォッサマグナ」 といいます。フォサマグナとは、ラテン語で「大きな窪み」「大きな溝」という意味です。骨組みが大きく落ち込んでいる構造から、新第三紀の変動に注目するときは、フォッサマグナ地域で東北日本と西南日本に分けることもあります。

フォッサマグナ地域西縁の糸魚川−静岡構造線


フォッサマグナ地域の西縁の断層を「糸魚川−静岡構造線」 といいます。

糸魚川−静岡構造線は、西側の古い岩石と、東側の新しい地層の、境界になっている断層です。フォッサマグナ地域の東側の境界は、もっと新しい火山や関東平野を埋めている地層におおわれて見えません。新発田−小出線と柏崎−千葉線が候補のひとつです。飯豊・朝日山地、越後山地、足尾・八溝山地には、西南日本の古い岩石が再び 現われています。一方、棚倉構造線に沿って、西南日本の骨組みが引きずられ、 新第三紀の地層が堆積しています。そこにも大きな構造運動があったと思われます。
⇒フォッサマグナとは(フォッサマグナミュージアムホームページ)

糸魚川−静岡構造線の位置は、北部では糸魚川〜松本平〜諏訪湖〜小淵沢へ続きます。しかし、その先を 富士川沿いにたどるのは誤り です。武川から〜夜叉神峠付近〜早川〜安倍川をとおって静岡市へつづきます。静岡市付近では、安倍川沿い〜高草山〜焼津の線と、竜爪山地稜線付近〜静岡市安倍川河口の線と、2つの考えがあります。
⇒糸魚川−静岡構造線山梨県早川町新倉露頭見学記(2002/12/24)

フォッサマグナの地層に埋まっている中央構造線


西南日本の古い骨組みを食いちがわせた中央構造線は、フォッサマグナ地域では、新第三紀の地層におおわれて、地表にあらわれていません。破砕帯もおおわれているので、破砕帯が侵食されてできる直線的な谷もできません。そのうえ佐久地域では、新第三紀の地層の上を、現在の火山(浅間山と八ヶ岳)の噴出物がおおっています。

隆起して古い岩石が露出した関東山地と中央構造線

第四紀に大きく隆起している奥多摩〜奥秩父には、西南日本の骨組みが露出しています。新第三紀の海の地層は、群馬県富岡や、秩父盆地、五日市盆地などに残っているだけです。関東山地の岩石は、赤石山脈にあらわれている岩石のつづきです。関東山地北部の群馬県下仁田には、中央構造線が露出しています。


日本列島の歴史も、日本の歴史と同じです。いまの日本列島の姿は、過去の変動が積み重なった姿です。キーワードになる時代名をおぼえましょう。

⇒「地質年代 」に進む