日本海の拡大と赤石構造線・赤石時階

赤石構造線


中央構造線上の静岡県水窪から天竜市二俣をとおり天竜河口沖へ赤石構造線、南信濃村和田から静岡県森町西方へ光明断層(遠山−赤石裂線)が、遠州灘へ向って分岐しています。この2本の断層にはさまれた帯状の地域を「赤石構造帯」といいます。

赤石構造線にそって天竜川が流れています。

日本海の拡大


おもに1500万年前ごろに、アジア大陸の一部だった日本列島が太平洋方向へ移動し、日本海ができました。西南日本は時計まわりに、東北日本は反時計まわりに回転しました。

このときに折れ目が引っ張られて落ち込み、新第三紀の海の地層が厚く堆積した「フォッサマグナ」ができました。フォッサマグナ地域の西縁の断層が「糸魚川−静岡構造線」です。

関東−赤石の地質の屈曲


西南日本の時計まわり回転と南下のため、西南日本の東部は伊豆−小笠原海底山脈と激しく衝突し、 「ハ」の字型にめりこみました。
1500万年前ごろの衝突の相手は、いま甲府盆地西方の櫛形山をつくっている地塊です。
その後、御坂地塊、丹沢地塊が衝突し、現在は伊豆地塊が衝突しています。

赤石構造帯の形成と、中央構造線赤石時階の再活動

中央構造線が折れ曲がるとともに赤石構造帯が生じ、中央構造線と赤石構造線や光明断層を一直線に結んだ断層線を境に東側が北へ60km、ずれ動きました。

中央構造線の、2700〜1500万年前の、赤石山脈地域のこの再活動を、「赤石時階」 の活動といっています。


⇒「諏訪湖での中央構造線のくいちがい」へ進む