活断層としての中央構造線

今の日本列島の地殻変動は、およそ200万年前に始まりました。

最近の時代にできた地形面や地表付近の堆積層を食いちがわしていて、近い将来そこで地震が発生すると考えられる断層を「活断層」といいます。「最近の時代」の範囲は、大きくとって200万年、より精度を上げるためには30万年程度を用いています。ただし、精度を上げると、あいまいなものが評価対象が外れるため、見落としも増えるようです。

中央構造線沿いにも、中央構造線の古傷が現在の地殻変動に利用され、多くの活断層が生じています。それらを 中央構造線活断層系 といっています。

その活動のようすは、 地域(区間)ごとに大きなちがい があります。

活断層区 - 長さ・km 活動度
中部日本 杖突峠〜地蔵峠 50 C
- 地蔵峠〜佐久間 50 C
- 佐久間〜新城 30 C
伊勢湾〜紀伊半島東 豊川〜五条 180 不活動
紀伊半島西 五条〜紀淡海峡 70 A
淡路島 紀淡海峡〜鳴門海峡 30 A?
四国北東 鳴門〜伊予三島 106 A
四国中央 伊予三島〜小松 47 A
四国北西 丹原〜双海 35 B
伊予灘〜別府湾 伊予灘〜別府湾 110 B
九州 大分〜出水 200 B

岡田篤正(1992)


中央構造線活断層系近畿地域ストリップマップ(通産省地質調査所1994)に加筆

活断層としての中央構造線は、地質境界としての中央構造線と、地表での位置がピッタリ重なるとは限りません。

図は和歌山県の例です。ここでは、地質境界としての中央構造線は、白亜紀の和泉層群と三波川変成岩の境界断層です。

けれども活断層系は、段丘と山地の境界である逆断層の菖蒲谷断層と、和泉山脈中の右横ずれの五条谷断層です。活動度が高い活断層である五条谷断層は、和泉層群を切っていて、地質境界としての中央構造線と五条谷断層は、1500mはなれて並走しています。


⇒「中央構造線露頭」に進む